【2023年版】POSシステムの最新比較!スマレジ、エアレジ他、主要7社を徹底解説

当サイトではプロモーションリンクを利用しています。

スマレジ 比較 スマレジ

あなたは、店舗の売上や在庫、顧客などのデータを管理するために、POSシステムを導入しようと考えているかもしれません。しかし、POSシステムは、料金や機能、対応端末などによってさまざまな種類があります。どのPOSシステムを選ぶかは、店舗の効率化や分析に大きく影響します。では、POSシステムを選ぶときに、何を基準にすればいいのでしょうか?

POSレジ選びで失敗したくないなら、実際に成功した事例と選び方をまとめた、スマレジの資料が役に立つと思います!

POSシステム選びの基本となるポイントは、以下の3つです。

  • 自分の店舗の規模や業種に合ったプランを選ぶ:POSシステムには、無料プランや有料プランなど、さまざまな料金プランがあります。料金プランによって、利用できる機能や登録商品数、レシート印刷回数などが異なります。また、POSシステムには、飲食店や美容室、アパレルなど、業種別に特化した機能を持つものもあります。自分の店舗の規模や業種に合ったプランを選ぶことで、無駄なコストや機能を省くことができます。
  • 自分の持っている端末や周辺機器と連携できるか確認する:POSシステムには、iOSやAndroidなど、対応する端末があります。自分の持っているスマホやタブレットで利用できるかどうかを確認することが重要です。また、POSシステムには、レシートプリンターやバーコードリーダーなど、周辺機器と連携できるものもあります。周辺機器と連携できると、レジ操作や在庫管理がよりスムーズになります。
  • 他のシステムやサービスとデータ連携できるか確認する:POSシステムには、会計ソフトやECサイト、決済サービスなど、他のシステムやサービスとデータ連携できるものもあります。データ連携できると、売上や決済、会計などのデータを一元管理でき、分析やレポート作成が容易になります。

以上のポイントを踏まえて、POSシステムを選ぶことで、店舗の運営を効率化し、売上を向上させることができます。しかし、POSシステムは、多くの種類があり、それぞれに特徴や違いがあります。そこで、この記事では、2023年版のPOSシステムの最新比較を行いました。

スマレジ、Airレジ、STORES、Square、ユビレジ、パワクラ、UMaTレジの主要7社のPOSシステムについて、徹底的に分析しました。それぞれのPOSシステムの特徴や違いを理解し、自分の店舗に合ったPOSシステムを選ぶことが大切です。

おすすめなスマレジとエアレジ

まずは、スマレジとエアレジの2社について紹介します。
市場には多様なPOSシステムが溢れていますが、中でもスマレジとエアレジは特に注目に値します。

スマレジとエアレジは、どちらも無料で利用できるiOS専用のクラウド型POSレジシステムですが、料金プランや機能、周辺機器、決済サービス、連携サービスなどには、それぞれ違いがあります。

スマレジとエアレジの違いを理解し、どちらがお店に合っているかを判断するためのポイントをお伝えします

スマレジ:機能性と拡張性で業界をリード

スマレジの最大の特徴は、機能性と拡張性の高さです。スマレジは、予約管理や会員管理、カルテ管理などの業種別の機能を持ち、飲食店や美容室、エステなどの多様な業種に対応しています。

また、スマレジは、複数店舗のデータを一括で管理できる機能や、店舗間の在庫移動や共有ができる機能も持ち、チェーン店やフランチャイズ店などの複数店舗の運営にも対応しています。さらに、スマレジは、自社で開発したAPIを公開しており、オリジナルの機能やサービスとも連携できます。

スマレジは、機能性と拡張性で業界をリードしているPOSシステムと言えます。

スマレジの料金プラン

プラン名月額料金登録商品数レシート印刷回数在庫管理顧客管理予約管理会計ソフト連携決済サービス連携複数店舗管理
無料プラン0円100件100回××××××
ライトプラン980円無制限無制限××
スタンダードプラン2,980円無制限無制限×
プレミアムプラン9,800円無制限無制限
エンタープライズプラン要相談無制限無制限

スマレジの機能表

機能内容
レジ会計機能商品登録、値段設定、レジ打ち込み、支払い方法選択 等
売上分析機能時間帯別売上、商品別売上、日別売上などのグラフ化
顧客管理機能顧客情報登録、来店履歴、購買履歴の記録
商品管理機能商品マスター登録、写真登録、在庫管理 等
複数店舗管理本部と店舗の在庫や売上を一括管理
機能説明
レジ操作直感的なインターフェース
在庫管理自動在庫調整
売上分析詳細なレポート
決済オプション多様な支払い方法対応
クラウドアクセスどこからでもデータアクセス
API連携他システムとの統合

スマレジの最大の魅力は、こうした基本機能に加え、外部システムとの連携機能が充実していることです。例えば以下のようなサービスと連携可能です。

  • キャッシュレス決済サービス(PayPay、楽天ペイ、LINE Pay 等)
  • 飲食予約サイト(ぐるなび、ホットペッパー等)
  • 会計ソフト(freee、マネーフォワード等)

自社開発のアプリとの連携も可能で、店舗や業態に合わせてカスタマイズできるのが強みです。

さらに、最新のOSや決済サービスに対応するためのアップデートも定期的に実施しているので、常に最新の環境を利用できるのも安心点です。

スマレジのおすすめな人

  • 飲食店や美容室などの予約管理が必要な業種の方:スマレジは、予約管理機能を備えており、予約状況や来店履歴を一元管理できます。また、予約サイトやSNSとも連携でき、集客やリピート率の向上にも役立ちます。
  • 複数店舗を運営している方:スマレジは、複数店舗の売上や在庫、顧客などのデータを一括で管理できます。また、店舗間の在庫移動や共有もできます。さらに、スマレジの有料プランでは、店舗ごとの権限設定やレポート作成などの機能も利用できます。
  • SquareやSTORESなどの決済サービスを利用している方:スマレジは、SquareやSTORESなどの決済サービスと連携でき、決済手数料や入金状況などをスマレジ上で確認できます。また、決済サービスの導入に必要な周辺機器もスマレジから購入できます。

エアレジ:初心者でも使いやすい無料POSレジ

エアレジの最大の特徴は、初心者でも使いやすいことです。エアレジは、シンプルで直感的なレジ操作ができるアプリで、画面に表示されるボタンやアイコンをタップするだけでレジ打ちができます。

また、エアレジは、iOSとAndroidの両方に対応しており、自分の持っているスマホやタブレットで利用できます。さらに、エアレジは、無料プランでも登録商品数やレシート印刷回数などに制限がなく、多機能なレジアプリを無料で利用できます。エアレジは、初心者でも使いやすい無料POSレジと言えます。

エアレジの料金プラン

プラン名月額料金登録商品数レシート印刷回数在庫管理顧客管理予約管理会計ソフト連携決済サービス連携複数店舗管理
無料プラン0円無制限無制限××
プロプラン980円無制限無制限×

エアレジの主要機能

機能説明
レジ操作シンプルで直感的なインターフェース
売上分析売上レポートの生成
在庫管理在庫の追跡と管理
ハードウェア互換性一般的なPOSハードウェアとの連携
クラウドアクセスどこからでもアクセス可能

エアレジのおすすめな人

  • 小売店やカフェなどのシンプルなレジ操作が必要な業種の方:エアレジは、シンプルで直感的なレジ操作ができるアプリです。商品登録やレシート印刷などの基本的なレジ機能や、売上分析や在庫管理などの機能も利用できます。また、エアレジの無料プランでは、登録商品数やレシート印刷回数などに制限がありません。
  • Android端末を利用している方:エアレジは、iOSとAndroidの両方に対応しているアプリです。Android端末を利用している方は、エアレジを利用できます。ただし、Android端末では、一部の機能や周辺機器が利用できない場合がありますので、事前に確認してください。
  • AirペイやPayPayなどの決済サービスを利用している方:エアレジは、AirペイやPayPayなどの決済サービスと連携でき、決済手数料や入金状況などをエアレジ上で確認できます。また、決済サービスの導入に必要な周辺機器もエアレジから購入できます。

主要7社比較

POSレジには様々なメーカーが存在し、自分の店にピッタリのものを見つけ出すのは大変です。しかし、正しいPOSレジを選ぶことは店舗経営に大きな影響を与えます。

そこで今回は、実店舗やECサイト運営で人気の高いスマレジ、エアレジを含めPOSレジ7社を徹底比較。料金プランはもちろん、機能面やカスタマイズ性においても、各社の特徴を詳しく解説します。

POSレジサービス料金プラン登録商品数レシート印刷回数在庫管理顧客管理予約管理会計ソフト連携決済サービス連携複数店舗管理対応端末
スマレジスマレジ無料プラン、月額プランあり無制限無制限iOS
エアレジエアレジ無料プランあり無制限無制限×iOS、Android
STORESSTORES無料プラン、月額プランあり無制限無制限iOS、Android
SquareSquare無料プランあり無制限無制限iOS、Android
ユビレジユビレジ月額プランのみ無制限無制限iOS
UMaTレジUMaTレジ無料プラン、月額プランあり無制限無制限iOS、Android

7社費用比較 導入費用 (初期費用)と月々の利用料 (月額料金)

【費用】について、7社のPOSレジサービスを比較した表を以下に示します。

POSサービス導入費用 (初期費用)月額費用 (月額料金)
スマレジ0円0円(スタンダードプラン)
5,500円(プレミアムプラン)
8,800円(プレミアムプラスプラン)
12,100円(フードビジネスプラン)
15,400円(リテールビジネスプラン)
エアレジ0円0円(基本プラン)
その他プランあり
STORES0円0円(無料プラン)
その他プランあり
Square0円0円(無料プラン)
その他プランあり
ユビレジ0円7,150円(基本プラン)
14,300円(高度管理プラン)
UMaTレジ0円0円(無料プラン)
その他プランあり
  • スマレジ: 無料から有料まで5つのプランがあり、機能や店舗数に応じて選べます。
  • Airレジ: 永久無料のフリープランのみで、iPadは別売りです。
  • AirPAY: Airレジと連携するモバイル決済サービスで、月額料金はかかりませんが、決済手数料は別途発生します。
  • STORES: ECサイトと連携するPOSレジサービスで、無料から有料まで4つのプランがあります。
  • Square: 決済端末と連携するPOSレジサービスで、月額料金はかかりませんが、決済手数料は別途発生します。
  • ユビレジ: iPad専用のPOSレジサービスで、無料から有料まで3つのプランがあります。
  • パワクラ: アパレルに特化したPOSレジサービスで、無料から有料まで3つのプランがあります。

【導入時の準備】必要なハードウェアとその他の準備事項

POSサービス必要なハードウェアその他の準備事項
スマレジiPadまたはiPhone, レシートプリンター, キャッシュドロワーインターネット接続、スマレジアプリのインストール
エアレジiPadまたはAndroidタブレット, レシートプリンター, キャッシュドロワーインターネット接続、エアレジアプリのインストール
STORESiPadまたはAndroidタブレット, レシートプリンター, キャッシュドロワーインターネット接続、STORESアプリのインストール
SquareiPadまたはAndroidタブレット, Squareリーダー, レシートプリンター, キャッシュドロワーインターネット接続、Square POSアプリのインストール
ユビレジiPad, レシートプリンター, キャッシュドロワーインターネット接続、ユビレジアプリのインストール
UMaTレジiPadまたはAndroidタブレット, レシートプリンター, キャッシュドロワーインターネット接続、UMaTレジアプリのインストール

7社の機能 基本的なレジ機能と他システムとの連携

POSサービス基本的なレジ機能他システムとの連携
スマレジ商品登録、値引き、割引、売上分析、在庫管理、顧客管理、予約管理キャッシュレス決済(PayPay、楽天ペイ、LINE Pay等)、飲食予約サイト(ぐるなび、ホットペッパー等)、会計ソフト(freee、マネーフォワード等)
エアレジ商品登録、レジ操作、売上分析、在庫管理、顧客管理、予約管理Airペイ、PayPay、会計ソフト(弥生、freee等)
STORES商品登録、売上分析、在庫管理、顧客管理、予約管理Square、Stripe、会計ソフト(freee、マネーフォワード等)
Square商品登録、売上分析、在庫管理、顧客管理、予約管理キャッシュレス決済(Square、PayPay等)、オンラインショップ連携(Squareオンラインショップ)
ユビレジ商品登録、売上分析、在庫管理、顧客管理、予約管理キャッシュレス決済(PayPay、LINE Pay等)、会計ソフト(freee、マネーフォワード等)
UMaTレジ商品登録、売上分析、在庫管理、顧客管理、予約管理キャッシュレス決済(PayPay、楽天ペイ等)、会計ソフト(弥生、マネーフォワード等)
  • スマレジ: 他システムとの連携も豊富で、会計ソフトやECサイトなどと簡単にデータ連携できます。
  • Airレジ: 他システムとの連携は、会計ソフトやECサイトなどに対応しています。
  • STORES: 他システムとの連携も充実しており、会計ソフトや予約サイトなどとデータ連携できます。
  • Square: 他システムとの連携も可能で、会計ソフトやECサイトなどとデータ連携できます。
  • ユビレジ: 他システムとの連携も対応しており、会計ソフトやECサイトなどとデータ連携できます。
  • UMaTレジ: 他システムとの連携は、会計ソフトなどに限られます。

POSサービス操作サポートシステムトラブルへの対応
スマレジ電話、メール、オンラインサポート24時間365日の緊急サポート体制
エアレジ電話、メール、チャットサポート専用のサポートセンターによる対応
STORESチャット、メールサポート専用サポートチームによる対応
Square電話、メール、チャットサポート24時間のオンラインサポート
ユビレジ電話、メールサポート緊急対応は24時間365日
UMaTレジ電話、メールサポートサポートセンターによる迅速な対応

お得なキャンペーン・お試し

POSサービスお試し期間今だけのキャンペーン
スマレジ30日間無料紹介キャンペーンでAmazonギフト券プレゼント
エアレジなしキャッシュレス導入0円キャンペーン
STORES30日間無料初期費用無料キャンペーン
Squareなし低い決済手数料キャンペーン
ユビレジ14日間無料期間限定割引キャンペーン
UMaTレジ30日間無料無料初期設定サポートキャンペーン

スマレジ エアアレジ以外5社でおすすめな人

ユビレジのおすすめな人

  • 個人でネットショップを開業したい方:STORESは、初心者でも簡単にネットショップを開設できるサービスです。無料プランでも、48種類のおしゃれなテンプレートや、画像や商品登録数の無制限などの機能が利用できます。また、インスタグラムとも連携でき、SNSでの集客にも便利です。個人でネットショップを開業したい方には、STORESがおすすめです。
  • アパレルやコスメなどの業種の方:STORESは、アパレルやコスメなどの業種に特化したサービスです。テンプレートやデザインが豊富で、商品の魅力を引き出すことができます。また、サイズやカラーなどのバリエーションや、在庫管理や発送管理などの機能も充実しています。アパレルやコスメなどの業種の方には、STORESがおすすめです。
  • 定期通販や予約販売などの販売形態を取り入れたい方:STORESは、定期通販や予約販売などの販売形態にも対応しています。定期通販では、顧客のリピート率を高めることができます。予約販売では、事前に需要を把握することができます。また、クーポンやポイントなどの機能も利用でき、顧客満足度を高めることができます。定期通販や予約販売などの販売形態を取り入れたい方には、STORESがおすすめです。

Squareのおすすめな人

  • 小売店やカフェなどのシンプルなレジ操作が必要な業種の方:Squareは、シンプルで直感的なレジ操作ができるアプリです。商品登録やレシート印刷などの基本的なレジ機能や、売上分析や在庫管理などの機能も利用できます。また、Squareの無料プランでは、登録商品数やレシート印刷回数などに制限がありません。
  • Android端末を利用している方:Squareは、iOSとAndroidの両方に対応しているアプリです。Android端末を利用している方は、Squareを利用できます。ただし、Android端末では、一部の機能や周辺機器が利用できない場合がありますので、事前に確認してください。
  • SquareやPayPalなどの決済サービスを利用している方:Squareは、自社で決済サービスを提供しており、決済手数料や入金状況などをSquare上で確認できます。また、決済サービスの導入に必要な周辺機器もSquareから購入できます。さらに、Squareは、PayPalやGoogle Payなどの決済サービスとも連携できます。

ユビレジのおすすめな人

  • iPadを利用している方:ユビレジは、iPad専用のPOSレジサービスです。iPadを利用している方は、ユビレジを利用できます。ただし、iPadは別売りですので、事前に購入しておく必要があります。
  • 飲食店や小売店などの一般的な業種の方:ユビレジは、飲食店や小売店などの一般的な業種に対応しています。商品登録やレシート印刷などの基本的なレジ機能や、在庫管理や顧客管理などの機能も利用できます。また、ユビレジの有料プランでは、予約管理機能も利用できます。
  • 会計ソフトやECサイトなどとデータ連携したい方:ユビレジは、会計ソフトやECサイトなどとデータ連携できます。データ連携できると、売上や決済、会計などのデータを一元管理でき、分析やレポート作成が容易になります。また、ユビレジは、PayPayなどの決済サービスとも連携できます。

パワクラのおすすめな人

  • アパレルの業種の方:パワクラは、アパレルに特化したPOSレジサービスです。アパレルの業種に合わせた機能やデザインを持っています。例えば、サイズやカラーなどの商品属性や、在庫移動や棚卸などの在庫管理機能があります。
  • iPadを利用している方:パワクラは、iPad専用のPOSレジサービスです。iPadを利用している方は、パワクラを利用できます。ただし、iPadは別売りですので、事前に購入しておく必要があります。
  • 会計ソフトとデータ連携したい方:パワクラは、会計ソフトとデータ連携できます。データ連携できると、売上や会計のデータを一元管理でき、分析やレポート作成が容易になります。ただし、パワクラは、決済サービスやECサイトなどとはデータ連携できません。

UMaTレジのおすすめな人

  • 美容院やエステなどのサロン業種の方:UMaTレジは、美容院やエステなどのサロン向けのPOSレジサービスです。サロンの業種に合わせた機能やデザインを持っています。例えば、カルテ管理や予約管理などの機能があります。
  • iPadを利用している方:UMaTレジは、iPad専用のPOSレジサービスです。iPadを利用している方は、UMaTレジを利用できます。ただし、iPadは別売りですので、事前に購入しておく必要があります。
  • 会計ソフトとデータ連携したい方:UMaTレジは、会計ソフトとデータ連携できます。データ連携できると、売上や会計のデータを一元管理でき、分析やレポート作成が容易になります。ただし、UMaTレジは、決済サービスやECサイトなどとはデータ連携できません。

まとめ 比較のポイント

以上、人気のPOSレジを比較してきました。

POSレジにはそれぞれ特徴があり、自店舗のニーズに合ったものを選ぶことが成功のカギを握っています。

比較のポイントを整理すると、以下のようになります。

  • 料金プラン(月額費用の有無、従量課金の有無など)
  • 機能面(基本機能に加えて連携機能の有無)
  • 使用OS(iOS、Androidなど)
  • 決済方法(クレジット、電子マネー、QRコード決済など)
  • サポート体制(電話、メール、SNSなど)

自店舗がこれらの項目において何を必要としているのかを明確にした上で、比較検討を進めることをおすすめします。

そしてぜひ各社の公式サイトをチェックしてみてください。公式サイトでは、詳細情報や導入事例、無料体験などが見られます。また、公式サイトからお問い合わせや見積もりもできます。

POSシステムを導入することで、あなたの店舗のビジネスをより成功させることができます。ぜひ、この記事を参考にして、POSシステムを選んでみてください。

POSレジ選びで失敗したくないなら、実際に成功した事例と選び方をまとめた、スマレジの資料が役に立つと思います!

Q&A

Q
 スマレジとエアレジの違いは何ですか?
A

スマレジとエアレジの違いは、料金プランや機能、周辺機器、決済サービス、連携サービスなどにあります。スマレジは、無料から有料まで5つのプランがあり、機能や店舗数に応じて選べます。 他システムとの連携も豊富で、会計ソフトやECサイトなどと簡単にデータ連携できます。エアレジは、永久無料のフリープランのみで、iPadは別売りです。他システムとの連携は、会計ソフトやECサイトなどに対応しています。

Q
POSシステムの選択で最も重要な要素は何ですか?
A

機能性が最も重要です。POSシステムを選ぶ際、ビジネスのニーズに合った機能性を確認することが最優先です。売上の追跡、在庫管理、顧客データの分析など、必要な機能が揃っているかを検討する必要があります。

Q
STORESとSquareの違いは何ですか?
A

STORESとSquareの違いは、ECサイトと決済端末の連携にあります。STORESは、ECサイトと連携するPOSレジサービスで、無料から有料まで4つのプランがあります。 他システムとの連携も充実しており、会計ソフトや予約サイトなどとデータ連携できます。Squareは、決済端末と連携するPOSレジサービスで、月額料金はかかりませんが、決済手数料は別途発生します。他システムとの連携も可能で、会計ソフトやECサイトなどとデータ連携できます。

Q
UMaTレジとは何ですか? 
A

UMaTレジとは、美容院やエステなどのサロン向けのPOSレジサービスです。無料から有料まで3つのプランがあります。 他システムとの連携は、会計ソフトなどに限られます。UMaTレジは、サロンの業種に合わせた機能やデザインを持っています。例えば、カルテ管理や予約管理などの機能があります。

Q
POSシステムを導入するメリットは何ですか?
A

POSシステムを導入するメリットは、店舗の運営を効率化し、売上を向上させることです。POSシステムは、レジや決済などの販売時点でのシステムをスマートにするだけでなく、店舗の売上や在庫、顧客などのデータを管理し、分析やレポート作成に役立ちます。また、POSシステムは、会計ソフトやECサイト、決済サービスなど、他のシステムやサービスとデータ連携できるものもあります。これにより、データの一元管理や自動化ができ、手間やミスを減らすことができます。POSシステムを導入することで、店舗のビジネスをより成功させることができます。

Q
小規模ビジネスにはどのようなPOSシステムが最適ですか?
A

簡単に使えて、必要な基本機能を備えたPOSシステムが最適です。小規模ビジネスでは、操作が簡単で基本的な機能(売上追跡、在庫管理など)を備え、価格が手頃なPOSシステムが最適です。

Q
多店舗展開をしているビジネスに適したPOSシステムの特徴は何ですか?
A

中央集中型の管理機能と拡張性です。多店舗を運営するビジネスでは、すべての店舗のデータを一元管理できる中央集中型のシステムと、ビジネスの成長に合わせて拡張可能なシステムが適しています。

Q
POSシステムを更新するタイミングはいつが適切ですか?
A

ビジネスの成長や市場の変化に対応できなくなった時です。ビジネスが成長し、既存のシステムが要求を満たせなくなったり、市場の変化によって新しい機能が必要になったりした場合、システムの更新を検討するのが適切です。

タイトルとURLをコピーしました