【2024年最新】POSレジの安いおすすめ5選!

当サイトではプロモーションリンクを利用しています。

POSレジ比較

多くのPOSレジ情報がある中で、本当にコストパフォーマンスに優れたアプリを見つけるのは一苦労です。私自身、数々のPOSレジを試し、その中から特に効率的でコスト削減に優れたものを選んで実際に使用してみました。

POSレジ選びの自称”専門家”として、今回は初期費用や月額費用を抑えられると評判のPOSレジアプリを厳選して紹介します。この記事では、各アプリの特徴、メリット、デメリットを徹底比較し、ユーザーから得たリアルなフィードバックをもとに、失敗しないPOSレジ選びのポイントを解説します。

この記事のポイント

POSレジで安いと評判のサービスとは?
無料で使えるPOSレジアプリの比較表
posレジ 値段|導入費用や月額料金をタイプ別に比較
pos価格とは|posレジの価格の決まり方と安くする方法
posレジ導入に活用できる補助金5選まとめ
posレジの価格比較:ターミナル型とクラウド型のメリットとデメリット

POSレジで安いと評判のサービスとは?

POSレジとは、販売時点での商品やサービスの情報を記録・集計できるレジシステムのことです。POSレジには、ターミナル型、パソコン型、ハンディ型、モバイル型の4種類がありますが、その中でもモバイル型のPOSレジは、スマホやタブレットに専用のアプリをインストールするだけで利用できるため、初期費用や月額費用を安く抑えることができます。今回は、POSレジで安いと評判のサービスを3つ紹介します。

スマレジ

スマレジは、iOSの端末にアプリをインストールすることで、POSレジとして利用できるサービスです。スマレジの特徴は、以下の通りです。

  • 月額費用は0円から利用できる
  • 周辺機器のセット販売で手軽に始められる
  • 外部サービスの連携が豊富で自由にレジをカスタマイズできる
  • 会計機能だけでなく売上分析や顧客管理も行える

スマレジは、小売店や飲食店、アパレルショップなど、様々な業種や業態に対応しており、現在128,000店以上の登録店舗があります。費用を抑えて導入できるため、新規開業店舗や小規模店舗にもおすすめです。

SQUARE POSレジ

SQUARE POSレジは、iOSやAndroidの端末にアプリをインストールすることで、POSレジとして利用できるサービスです。SQUARE POSレジの特徴は、以下の通りです。

  • 月額費用は0円から利用できる
  • キャッシュレス決済の手数料は3.25%と業界最安値
  • キャッシュレスの売上入金は最短翌日
  • POSレジとECサイトの利用が1アカウントで可能

SQUARE POSレジは、キャッシュレス決済の導入が手軽にできるのが最大の魅力です。キャッシュレスの売上入金は、業界でもトップクラスに速いのも嬉しいポイントです。また、ECサイトの作成はPOSレジのアカウントに紐づけて無料で作成できるため、ECサイト開設を検討している方にもおすすめです。

CASHIER

CASHIERは、Androidの端末にアプリをインストールすることで、POSレジとして利用できるサービスです。CASHIERの特徴は、以下の通りです。

  • 月額費用は0円から利用できる
  • バーコードスキャナーなどの周辺機器が不要
  • クラウドでデータを管理できる
  • レシートの発行やメール送信ができる

CASHIERは、スマホだけでレジ業務が完結できるのが特徴です。バーコードスキャナーなどの周辺機器が不要なので、初期費用をかけずに始められます。また、クラウドでデータを管理できるので、売上や在庫の確認や分析が簡単にできます。

POSレジで安いと評判のサービスとして、スマレジ、SQUARE POSレジ、CASHIERを紹介しました。これらのサービスは、モバイル型のPOSレジで、スマホやタブレットにアプリをインストールするだけで利用できます。月額費用は0円から利用できるので、費用を抑えたい方におすすめです。ただし、スマホやタブレットの性能やバッテリーの持ちなどには注意が必要です。

POSレジアプリなら、低コストどころか費用をかけずにレジを導入できます。では、どんなPOSレジアプリがあるのでしょうか?今回は、以下の5つのアプリを比較してみました。

  • Airレジ(エアレジ)
  • Square POSレジ(スクエア)
  • スマレジ
  • STORES レジ
  • ユビレジ

それぞれのアプリの特徴やメリット、デメリットを見ていきましょう。

無料で使えるPOSレジアプリの比較表

アプリ名初期費用月額料金対応OS売上分析在庫管理顧客管理キャッシュレス連携会計ソフト連携
Airレジ無料無料iOSAirペイ、Square弥生、freee、マネーフォワード、FXシリーズ
Square POSレジ無料無料iOS、AndroidSquareのみfreee、マネーフォワード
スマレジ無料無料 or 5,500円~iOS、Android△(有料)スマレジPAYGATE△(有料)
STORES レジ無料無料 or 3,480円iOS×STORES PAY
ユビレジ無料無料 or 7,590円~iOS(iPadのみ)△(一部有料)△(一部有料)ユビレジペイ△(有料)

結論:安さで迷ったらAirレジを使ってみよう

比較表からもわかるように、無料で使えるPOSレジアプリはそれぞれに特徴があります。しかし、迷ったらAirレジを使ってみるのがおすすめです。なぜなら、Airレジは以下のようなメリットがあるからです。

  • 様々な機能をまんべんなく備えている
  • クセのない操作感で初心者でも使いやすい
  • 人気のキャッシュレス決済サービス「Airペイ」と連携できる
  • 飲食店向けの便利機能が豊富

Airレジは、特に飲食店向けの機能が充実しています。ランチタイムやディナータイムの売上を自動で抽出して分析できたり、飲食店向け予約台帳アプリの「レストランボード」と連携できたりします。さらに、「Airレジ オーダー」と連携して、本格的なオーダーシステムを導入することもできます。

Airレジの導入はこちらから(公式サイト)

もし具体的に「〇〇の機能が充実していると嬉しい」「レジと〇〇を連携させたい」などという要望がある場合は、他のPOSレジアプリも選択肢に入ります。本記事の比較情報を参考に検討してみてください。

posレジ 値段|導入費用や月額料金をタイプ別に比較

posレジは、小売店や飲食店などで利用されるレジシステムの一種です。posレジは、販売時点での商品や売上の情報を記録・集計することができます。posレジには、パソコン型・ターミナル型・タブレット型などの種類があり、それぞれに価格や機能が異なります。この記事では、posレジの種類や価格の目安、導入費用や月額料金をタイプ別に比較します。

パソコン型posレジの値段

パソコン型posレジは、パソコンに専用のソフトウェアをインストールしてposレジとして利用するタイプです。既存のパソコンを使用できる場合は、初期費用が安く済みますが、周辺機器やカスタマイズにかかる費用が追加で発生する場合があります。また、月額料金も必要になることが多いです。

導入費用(初期費用)月額料金
無料~50万円程度数千円程度

ターミナル型posレジの値段

ターミナル型posレジは、posシステムが本体に組み込まれたレジ端末を購入するタイプです。カスタマイズ性や使いやすさが高く、多くの業界で利用されています。しかし、本体価格が高く、老朽化による買い替えが必要になる場合があります。月額料金はかかりませんが、保守契約やサポートサービスにかかる費用が別途必要になる場合があります。

導入費用(初期費用)月額料金
数十万~100万円程度

タブレット型posレジの値段

タブレット型posレジは、iPadなどのタブレット端末に専用のアプリケーションをインストールしてposレジとして利用するタイプです。小型で軽量なため、設置場所を選ばず、移動販売やイベント会場などでの利用にも適しています。タブレット型posレジは、比較的手軽に導入できますが、一部のアプリケーションや周辺機器にかかる費用が追加で発生する場合があります。また、月額料金も必要になることが多いです。

導入費用(初期費用)月額料金
無料~20万円程度無料~数万円程度

pos価格とは|posレジの価格の決まり方と安くする方法

pos価格とは、posレジの価格のことを指します。posレジの価格は、種類や規模、機能、サービスなどによって大きく異なります。posレジの価格を安くするには、自社のニーズに合ったものを選ぶことが重要です。この記事では、posレジの価格の決まり方と安くする方法を解説します。

posレジの価格の決まり方

posレジの価格は、以下の要素によって決まります。

  • 種類:パソコン型・ターミナル型・タブレット型などの種類によって、本体価格や周辺機器の価格が異なります。
  • 規模:店舗の規模や台数によって、導入費用や月額料金が異なります。
  • 機能:売上管理や在庫管理などの基本機能や、カスタマイズや連携などのオプション機能によって、価格が異なります。
  • サービス:設置やトレーニング、保守やサポートなどのサービスによって、価格が異なります。

posレジの価格を安くする方法

posレジの価格を安くするには、以下の方法があります。

  • 補助金の利用:posレジの導入には、国や自治体などが提供する補助金を利用できる場合があります。補助金の対象や条件は、事業者や地域によって異なりますが、一部の導入費用を補助してもらえることがあります。
  • リースの利用:リースとは、自社が必要とする製品や機器をリース会社に購入してもらい、それを一定期間にわたって借り受ける契約形態です。これにより、初期費用を低く抑えることができますが、リース契約には条件や制約があることに注意が必要です。
  • 中古品の利用:中古品とは、使用済みの製品や機器を再利用することです。これにより、新品よりも安く導入できますが、品質や保証などに問題がある場合があることに注意が必要です。
  • 無料トライアルの利用:無料トライアルとは、一定期間、無料でサービスや製品を試すことができるサービスです。これにより、実際に使ってみて、自社のニーズに合っているかどうかを確認できます。ただし、無料トライアルの期間や条件には注意が必要です。

レジの値段と業務用の種類を徹底比較!

レジは、店舗の売上管理や会計業務に欠かせない機器です。しかし、レジの種類や機能はさまざまで、値段もピンからキリまであります。そこで、レジの値段と業務用の種類を徹底比較してみました。レジの値段は、以下の表のように、機種や機能によって大きく異なります。

機種機能値段
電卓レジ基本的な計算機能のみ1万円~3万円
電子レジスター商品管理やレシート印刷などの機能2万円~10万円
タブレットPOSレジクラウドやスマホと連携できる機能10万円~20万円
セルフレジ自動釣銭機やキャッシュレス決済などの機能100万円~150万円

業務用のレジは、店舗の規模や業態に合わせて選ぶ必要があります。例えば、飲食店では注文や会計をスムーズに行えるタブレットPOSレジがおすすめです。小売店では、商品のバーコードを読み取れる電子レジスターが便利です。また、コンビニやスーパーでは、混雑を解消できるセルフレジが効果的です。

レジの値段と業務用の種類を比較すると、以下のようなメリットとデメリットがあります。

機種メリットデメリット
電卓レジ費用が安い機能が限られる
電子レジスター機能が豊富設置スペースが必要
タブレットPOSレジ操作が簡単月額費用がかかる
セルフレジ効率が高い導入費用が高い

レジの値段と業務用の種類を徹底比較することで、自分の店舗に最適なレジを選ぶことができます。レジの導入は、店舗の売上や顧客満足度に大きく影響するので、慎重に検討しましょう。

posレジ導入に活用できる補助金5選まとめ

posレジは、レジの中でも最新の機能を備えたレジです。posレジは、商品の在庫管理や売上分析、キャッシュレス決済などの機能があり、店舗の業務効率化や売上アップに貢献できます。しかし、posレジの導入にはそれなりの費用がかかるので、補助金を活用して経費を削減することがおすすめです。posレジ導入に活用できる補助金には以下の5つがあります。

  • IT導入補助金
  • 小規模事業者持続化補助金
  • ものづくり補助金
  • 働き方改革推進支援助成金
  • 業務改善助成金

それぞれの補助金の概要と申請方法を簡単に説明します。

IT導入補助金

IT導入補助金とは、中小企業や小規模事業者が業務効率化や売上アップを目的としてITツールを導入する際、経費の一部を補助する制度です。posレジは、IT導入補助金の対象製品となっているものであれば、補助金を受けることができます。補助金の上限額は、導入費用の2/3以内で最大350万円です。申請期間は、2023年7月31日までです。申請の流れは、以下の通りです。

  • 導入するposレジを選ぶ
  • IT導入補助金交付申請書類を作成し提出する
  • posレジの導入を行い、導入後の事業実績報告を行う
  • 補助金交付の手続きを行う

IT導入補助金は、posレジ導入時に最も採択されるケースが多い補助金です。費用を抑えて導入できるので、積極的に活用しましょう。

小規模事業者持続化補助金

小規模事業者持続化補助金とは、小規模事業者が今後直面する制度変更(働き方改革、被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイス制度の導入など)へ向けた取り組みに対し、経費の一部を補助する制度です。posレジは、小規模事業者が生産性向上や持続的発展を図るための取り組みとして、補助金の対象となります。補助金の上限額は、導入費用の2/3以内で最大50万円です。申請期間は、2023年3月31日までです。申請の流れは、以下の通りです。

  • 導入するposレジを選ぶ
  • 小規模事業者持続化補助金交付申請書類を作成し提出する
  • posレジの導入を行い、導入後の事業実績報告を行う
  • 補助金交付の手続きを行う

ものづくり補助金

ものづくり補助金とは、中小企業や小規模事業者がものづくりや商業サービスの改善や革新を行うための設備投資や人材育成などに対し、経費の一部を補助する制度です。posレジは、ものづくり補助金の対象となる設備投資の一つです。補助金の上限額は、導入費用の3/4以内で最大500万円です。申請期間は、2023年9月30日までです。申請の流れは、以下の通りです。

  • 導入するposレジを選ぶ
  • ものづくり補助金交付申請書類を作成し提出する
  • posレジの導入を行い、導入後の事業実績報告を行う
  • 補助金交付の手続きを行う

ものづくり補助金は、posレジ導入時に高額な補助金を受けることができる補助金です。ものづくりや商業サービスの改善や革新に取り組む事業者にとっては、大きなチャンスです。

働き方改革推進支援助成金

働き方改革推進支援助成金とは、中小企業や小規模事業者が働き方改革に関する取り組みを行う際、経費の一部を助成する制度です。posレジは、働き方改革推進支援助成金の対象となる取り組みの一つです。助成金の上限額は、導入費用の2/3以内で最大100万円です。申請期間は、2023年12月31日までです。申請の流れは、以下の通りです。

  • 導入するposレジを選ぶ
  • 働き方改革推進支援助成金交付申請書類を作成し提出する
  • posレジの導入を行い、導入後の事業実績報告を行う
  • 助成金交付の手続きを行う

働き方改革推進支援助成金は、posレジ導入時に労働時間の削減や生産性の向上などの効果を得ることができる助成金です。働き方改革に積極的に取り組む事業者にとっては、有利な制度です。

業務改善助成金

業務改善助成金とは、中小企業や小規模事業者が業務の効率化や品質の向上などの取り組みを行う際、経費の一部を助成する制度です。posレジは、業務改善助成金の対象となる取り組みの一つです。助成金の上限額は、導入費用の2/3以内で最大100万円です。申請期間は、2023年12月31日までです。申請の流れは、以下の通りです。

  • 導入するposレジを選ぶ
  • 業務改善助成金交付申請書類を作成し提出する
  • posレジの導入を行い、導入後の事業実績報告を行う
  • 助成金交付の手続きを行う

業務改善助成金は、posレジ導入時に業務の効率化や品質の向上などの効果を得ることができる助成金です。業務の改善に取り組む事業者にとっては、有利な制度です。

posレジの価格比較:ターミナル型とクラウド型のメリットとデメリット

posレジとは、販売時に商品の情報や金額を登録し、レシートを発行する機器のことです。posレジには、ターミナル型とクラウド型の2種類がありますが、それぞれにどのような特徴やメリット、デメリットがあるのでしょうか?この記事では、posレジの価格比較をしながら、ターミナル型とクラウド型の違いについて解説します。

ターミナル型posレジとは?

ターミナル型posレジとは、専用のハードウェアとソフトウェアを組み合わせた、従来型のposレジのことです。ターミナル型posレジは、店舗内のネットワークに接続されており、データの保存や管理は自社のサーバーで行います。ターミナル型posレジの主な特徴は以下のとおりです。

  • 高いセキュリティ:インターネットに接続されていないため、外部からの不正アクセスやデータ漏洩のリスクが低いです。
  • 高い安定性:インターネットの状況に左右されないため、通信障害や回線切断の影響を受けません。
  • 高いカスタマイズ性:自社のニーズに合わせて、ハードウェアやソフトウェアの仕様を変更できます。

ターミナル型posレジのメリットとデメリットは以下の表にまとめました。

メリットデメリット
セキュリティが高い初期費用やランニングコストが高い
安定性が高いメンテナンスや更新が手間がかかる
カスタマイズ性が高い拡張性や連携性が低い

クラウド型posレジとは?

クラウド型posレジとは、インターネットに接続されたタブレットやスマートフォンなどの端末に、専用のアプリをインストールして使用するposレジのことです。クラウド型posレジは、データの保存や管理はクラウドサービスのサーバーで行います。クラウド型posレジの主な特徴は以下のとおりです。

  • 低い初期費用:専用のハードウェアやソフトウェアを購入する必要がなく、月額料金制のサービスを利用できます。
  • 高い拡張性:端末の追加や変更が容易で、複数の店舗やチャネルのデータを一元管理できます。
  • 高い連携性:会計や在庫管理、ECサイトやSNSなど、様々なシステムやサービスとの連携が可能です。

クラウド型posレジのメリットとデメリットは以下の表にまとめました。

メリットデメリット
初期費用やランニングコストが低いセキュリティや安定性に不安がある
拡張性が高いインターネット環境に依存する
連携性が高いカスタマイズ性に制限がある

posレジの価格比較をしながら、ターミナル型とクラウド型の違いについて解説しました。ターミナル型は、セキュリティや安定性、カスタマイズ性に優れていますが、初期費用やランニングコストが高く、メンテナンスや更新が手間がかかります。クラウド型は、初期費用やランニングコストが低く、拡張性や連携性に優れていますが、セキュリティや安定性に不安があり、インターネット環境に依存します。どちらのタイプを選ぶかは、自社の業種や規模、ニーズに合わせて検討する必要があります。

Q&A

Q
POSレジの使用料はいくらですか?
A

POSレジの使用料は、アプリやサービスによって異なりますが、一般的には、1台当たりの導入費用は15~50万円、月額利用料は数千~2万円前後となります1。ただし、無料で使えるPOSレジアプリもあります。

Q
無料のPOSレジアプリの比較は?
A
  • 無料のPOSレジアプリの比較については、以下の表をご覧ください。各アプリの特徴や対応OS、キャッシュレス連携などをまとめました。詳細は各アプリの公式サイトを参照してください。
アプリ名特徴対応OSキャッシュレス連携公式サイト
Airレジ総合的に優れた機能と使いやすさ。キャッシュレス決済サービス「Airペイ」と連携可能iOSAirペイ、Square1
Square POSレジシンプルなUIと高い安定性。キャッシュレス決済はSquareの端末としか連携できないiOS、AndroidSquare2
スマレジ店舗の成長や変化に対応しやすい。キャッシュレス決済サービス「スマレジPAYGATE」と連携可能iOSスマレジPAYGATE3
STORESレジ在庫管理の柔軟性が高い。ネットショップとのデータ連動が可能iOSSTORES決済4
ユビレジiPadのみ対応だが、高度なレジ機能を備える。キャッシュレス決済サービス「ユビペイ」と連携可能iOS(iPadのみ)ユビペイ5
Q
レジアプリで簡単で無料のものは?
A

レジアプリで簡単で無料のものは、上記の表にある5つのアプリがおすすめです。どれも無料でダウンロードしてすぐに使い始められます。無料プランでも十分な機能が備わっていますが、有料プランにすると更に便利な機能が利用できます2。

Q
エアレジはどこまで無料で使えるの?
A

エアレジは、基本的なレジ機能がすべて無料で使えます。iPhoneやiPad、インターネット環境さえあれば0円で始められます。ただし、キャッシュレス決済時の加盟店手数料や周辺機器の購入代金は別途かかります3。

タイトルとURLをコピーしました