posレジ usenで店舗運営を効率化! 低価格で導入できるタブレットPOSレジの魅力

当サイトではプロモーションリンクを利用しています。

POSレジ比較

posレジ usenとは、株式会社USENが提供するタブレットPOSレジの総称です。飲食店、理美容院、小売店、整体院の4業種に特化した機能やデータ分析を搭載しており、高額な専用POS端末が不要で、低価格で導入できます。

posレジ usenの選ばれる理由や導入メリットを、表にまとめてみました。

選ばれる理由導入メリット
業種に合わせた機能業務効率化や売上向上につながる
クラウド型で安心データの自動バックアップやリモート操作が可能
キャッシュレス決済対応お客様の利便性向上や集客効果が期待できる
オーダーシステムと連携注文から会計までスムーズに行える
IT導入補助金の対象初期費用の負担を軽減できる
USENのサポート体制設定から設置後のトラブルまで対応してくれる

posレジ usenは、店舗運営に必要な機能を備えたタブレットPOSレジです。店舗の課題に沿ったサービスを提案することができます。興味のある方は、資料請求やお見積りなどをしてみてはいかがでしょうか。

POSレジ選びは慎重に。実際の事例をまとめた、スマレジの資料に成功の秘訣があります!

USENレジとは?

USENレジとは、有線放送でおなじみの株式会社USENが提供する、多機能で低価格なタブレットPOSレジのサービスです。タブレットPOSレジとは、iPadなどのタブレット端末に専用アプリをインストールして、レジや在庫管理などの業務を行うシステムです。USENレジは、飲食店、理美容院、小売店、整体院の4業種に特化した機能を持ち、低価格で高性能なPOSレジを提供しています。

USENレジの特徴は?

USENレジの特徴は、以下のとおりです。

  • 多機能なのに低コスト!

USENレジは、高額な専用POS端末が必要なく、タブレット端末に専用アプリをインストールするだけで、高機能なPOSレジを導入できます。また、月額料金もリーズナブルで、初期費用や更新費用もかかりません。さらに、IT導入補助金の対象サービスなので、補助金を利用すれば、さらにお得に導入できます。

  • 店舗状況も簡単に確認!

USENレジは、売上分析や在庫管理などのデータをリアルタイムで集計し、クラウド上に保存します。そのため、スマホやPCからいつでもどこでも店舗の状況を確認できます。また、複数店舗の管理も一元化できるので、店舗間の比較や分析も簡単に行えます。

  • 24時間365日のサポート体制!

USENレジは、初期設定からトレーニング、アフターフォローまで全てUSENがサポートします。初期設定や商品登録などの作業は、USENのスタッフが店舗に伺って行います。また、トレーニングでは、操作方法や機能の使い方を丁寧に教えます。さらに、アフターフォローは、24時間365日の電話サポートや、迅速な修理対応など、万が一のトラブルにも安心です。

USENレジの導入事例は?

USENレジを導入した店舗の事例をいくつかご紹介します。

  • 飲食店:「魚屋の台所」

「魚屋の台所」は、新鮮な魚介を使った料理を提供する飲食店です。USENレジを導入する前は、レジや在庫管理などの業務に多くの時間と手間がかかっていました。しかし、USENレジを導入したことで、レジの操作が簡単になり、在庫の把握や発注もスムーズになりました。また、売上分析や顧客管理の機能を使って、メニューやサービスの改善に取り組んでいます。USENレジのおかげで、業務効率がアップし、売上も増えました。

  • 理美容院:「ヘアサロン・エル」

「ヘアサロン・エル」は、カットやカラーなどのヘアサービスを提供する理美容院です。USENレジを導入する前は、予約や会計などの管理が煩雑で、お客様の対応に集中できませんでした。しかし、USENレジを導入したことで、予約や会計の管理が一元化され、お客様の対応に専念できるようになりました。また、顧客管理の機能を使って、お客様の来店履歴や好みなどを把握し、パーソナライズされたサービスを提供しています。USENレジのおかげで、お客様の満足度がアップし、リピート率も高まりました。

  • 小売店:「雑貨屋・ココ」

「雑貨屋・ココ」は、オリジナルの雑貨やアクセサリーを販売する小売店です。USENレジを導入する前は、商品の登録や在庫の管理が大変で、売り切れや過剰在庫などのトラブルが多発していました。しかし、USENレジを導入したことで、商品の登録や在庫の管理が簡単になり、売り切れや過剰在庫などのトラブルを防ぐことができました。また、売上分析やキャッシュレス決済の機能を使って、販売戦略やキャンペーンの効果測定に活用しています。USENレジのおかげで、商品の管理が楽になり、売上もアップしました。

以上のように、USENレジは、様々な業種の店舗にとって、多くのメリットをもたらすサービスです。あなたも、USENレジを導入して、店舗の業務効率や売上をアップさせませんか?

usenレジの月額料金

usenレジの月額料金は、アプリの種類やオプションサービスの有無によって異なりますが、基本的には以下の表の通りです。

アプリ名月額料金初期費用備考
USENレジ FOOD4,400円~0円~飲食店向け
USENレジ BEAUTY4,400円~0円~理美容院向け
USENレジ STORE4,400円~0円~小売店向け
USENレジ HEALTHCARE4,400円~0円~整体院向け

usenレジの魅力は、多機能で低価格なだけでなく、設置から設定、スタッフのトレーニングまでUSENがサポートしてくれることです。また、キャッシュレス決済や予約システム、会計ソフトなどと連携することで、店舗運営の効率化や売上向上にも貢献します。

usenレジは、IT導入補助金の対象サービスでもあります。IT導入補助金とは、中小企業や小規模事業者がITツールを導入する際に、国から補助金を受けられる制度です。 usenレジを導入することで、最大150万円の補助金を受けることができます。

usenレジは、業種に合わせて最適なPOSレジアプリを選べるだけでなく、低コストで高品質なサービスを提供してくれる優れたシステムです。店舗経営にお悩みの方は、ぜひ一度お試しください。

Q&A

Q
uレジが使えない場合は、どうすればいいですか?
A

uレジが使えない場合は、以下の対処法を試してみてください。
専用端末や無線通信装置の再起動を行います。
インターネットの接続状況を確認します。
カード決済端末の充電や接続を確認します。
サポートサイトやカスタマーセンターに問い合わせます。

Q
uレジの初期費用は、どのくらいかかりますか?
A

uレジの初期費用は、以下のようになります。
基本プラン:0円(販売手数料のみ)
プレミアムプラン:6,900円/月(1ヶ月お試し可能)
オプションサービス:別途料金が発生する場合があります

Q
USENレジの費用は、どのようになっていますか?
A

USENレジの費用は、以下のようになっています。
USENレジ FOOD:月額0円~(販売手数料のみ)
USENレジ BEAUTY:月額0円~(販売手数料のみ)
USENレジ STORE:月額0円~(販売手数料のみ)
USENレジ HEALTHCARE:月額0円~(販売手数料のみ)
USEN PAY ENTRY:端末料金0円(決済手数料のみ)
USEN PAY:月額1,980円/台(決済手数料別)

Q
usenレジとfreeeの連携はどのように行うのですか?
A

usenレジとfreeeの連携は、usenレジのレジクローズ時に売上情報、入出金情報、現金差異の対象データをfreeeに自動で取り込むことができます。連携するには、まずfreeeのアカウントを作成し、usenレジの管理画面からfreeeの連携設定を行う必要があります。詳しい手順はこちらをご覧ください。

Q
usenレジの使い方はどこで学べますか?
A

usenレジの使い方は、usenレジのヘルプサイトで学べます。ヘルプサイトでは、レジ操作、レジ設定、メニュー編集、担当者・権限設定、店舗情報管理、分析などの各種機能について、説明文や動画で解説しています。ヘルプサイトはこちらからアクセスできます。

Q
usenレジのマニュアルはどこで入手できますか?
A

usenレジのマニュアルは、usenレジのヘルプサイトのカテゴリーから入手できます。カテゴリーでは、usenレジの各種機能や連携サービスに関するマニュアルをPDF形式でダウンロードできます。カテゴリーはこちらからご覧ください。

Q
POSレジの大手メーカーは?
A

POSレジのメーカーは多数ありますが、シェア率が高いと言われているのは、東芝テック、NECプラットフォームズ、富士通フロンテックの3社です。この3社は、POSレジの約80%を占めており、各社ともにさまざまな業種や店舗規模に対応したPOSレジやPOSシステムを提供しています。

Q
POSレジの使用料はいくらですか?
A

POSレジの使用料は、導入するPOSレジの種類やメーカーによって異なります。一般的には、導入費用と月額利用料がかかります。導入費用は、ターミナル型POSレジの場合は1台当たり20万円から50万円、タブレット型POSレジの場合はタブレット代のみ、パソコン型POSレジの場合はパソコン代とソフト代がかかります。月額利用料は、数千円から数万円の範囲で変動します。また、一部のPOSレジは、導入費用や月額利用料が無料のものもあります。

Q
レジスターとPOSレジの違いは何ですか?
A

レジスターとPOSレジは、それぞれ異なる機能や特徴を持ちます。レジスターは、商品の販売金額を計算して登録するもので、基本的な機能は売り上げの記録と金銭の管理です。一方、POSレジは、商品が売れた時に「何が、何個、いつ、いくらで売れたか」などのデータを自動的に記録するシステムで、売上管理や在庫管理、顧客管理、経営分析などの機能を備えています。レジスターはシンプルで低価格ながら、情報の蓄積と分析においてはPOSレジの方が優れています。

Q
POSレジメーカーランキングは?
A

POSレジメーカーのランキングは、シェア率や評価などの指標によって異なりますが、一例として、以下のようなランキングがあります。
シェア率ランキング
1位:東芝テック(約36%)
2位:NECプラットフォームズ(約28%)
3位:富士通フロンテック(約18%)
自社評価ランキング
1位:日本電気(3.25点)
2位:カシオ計算機(3.07点)
3位:スマレジ(3.04点)

記事の監修者情報
たいちゃん

様々な失敗を通して、わかりやすい運営が重要だと気付く
売上最大化へ - 実績豊富なPOSシステム導入の実績
当ブログの使命:
最新のPOSレジシステムを通じて、小売業界の皆様の業務効率化と収益向上をサポートします。
実績:
小売業界での10年超の経験
多業種27店舗以上へのPOSシステム導入実績
(飲食、小売、美容、アパレル、カフェ、書店など)
システム導入後1年以内に平均28%の売上増を達成

私たちの専門知識を活かし、貴店の成長をお手伝いします。

たいちゃんをフォローする
POSレジ比較
たいちゃんをフォローする
タイトルとURLをコピーしました